声豚ダイエットその顛末

芹澤優さんとチェキを撮るにあたって私がダイエットを決意したのは、見栄や写真映りのためではなく、彼女への対抗心からであった。声優・アイドル芹澤優は、声優業界で自分が一番可愛いと自称するほどの強烈なナルシストである。握手チェキ会の至近距離でその圧倒的なナルシズムを浴びせられたのならば、私の在宅クソ雑魚メンタルはボッコボコにされてしまうに違いないと思った。私がガチ恋オタクであったならボッコボコにされても構わないのだが、いわゆる「芹澤やってんな~^_^」系のファンある私は、芹澤が業界一可愛いなどとは認めていないので、「ゆう可愛いでしょ」オーラに気負けするわけにはいかなかった。しかしそうは言っても自分大好き芹澤優とツーチェキ撮りた過ぎる。
そういった理由から、何の用意もなく丸腰でチェキ会に臨むのは危険だと判断し、実行した対抗策がダイエットだった。

 


手段としてダイエットを選んだ狙いは三つあった。
一つ目は、デブ・オタクが痩せることでなけなしの自尊心を底上げする。「芹澤ツーチェキがプレッシャーすぎて◯kg痩せちゃったんだけどw(自虐風イキり)」ってツイートしたいじゃん。
二つ目は、芹澤優さんも一時期 #セリコスリム なんて言ってダイエットに励んでいたことから、自分も同じ土俵でバトルしようと思った。
三つ目は、ダイエットしたいとは常々考えていたので、その口実として。プレッシャーをダイエットに利用しようと思った。マジで結構プレッシャー感じていたので。

リリイベが発表された4月下旬、私はダイエットを始めることにした。


ダイエット中にやったこ
業務スーパーのピンチケウインナーで糖質制限をする(1kg497円)。
・VS.芹澤優なのでYOU&YOUを聴き、特典のBDライブ映像を見る。
・ライブに向けて体作りをする声優の気持ちで運動する。
・ストロングゼロを飲んで強制終了する。
・鏡に向かって「お前は伸びる」と言い続ける。

そして私は声豚ダイエットにより5月下旬のリリイベまでに5kg痩せ、まあ及第点でしょうと、チェキ会に臨んだのだった。チェキ2回握手1回をこなしたが、なんとかボコボコにはされなかった。


↓ツーチェキを楽しむ当時の私

 

2回目
芹澤「ポーズどうする?」
私「自分プリパラ好きなんで…あの…ソノ…」
芹澤「ポップステップげっちゅー♡のポーズね」
私「アッ、それですハイ…」

 


ボコボコにされてないです。


ついでにその勢いで8月までダイエットを継続、8~10kgの減量に成功した。

芹澤優さん、私のダイエットに一方的に付き合ってくれてありがとうございます。2ndアルバム発売決定おめでとうございます。BDライブ映像のイチズレシピ→胸ペコ→ぷりっとの流れ最高。個人ライブでキャラソンを歌いまくることの強さ、いつまでも大切にしてください。

 


(この記事は2kgリバウンドしながら書かれました)